格安スマホ・格安SIMの比較サイト

格安スマホ比較のSIMny(シムニー)

MVNO UQモバイル

UQモバイルのメリット・デメリット7選!契約前に要チェック!

投稿日:

ヤスインコ
うーむ・・・。

カクハシ
どうしたのヤスインコくん?そんな難しい顔して!

ヤスインコ
あっ、カクハシくん!今テレビCMで「UQモバイル」が流れててさ、スマホの料金が安くなりそうだからネットで調べてたところなんだ!

カクハシ
UQモバイルは良いよ!料金が安くなる上に回線速度も速い!

ヤスインコ
うん、実際乗り換える方向で考えてるんだけどさ。ただ、デメリットも当然あるでしょ?

カクハシ
メリットがあれば当然デメリットもあるさ!

ヤスインコ
その辺をちょっと詳しく教えてくれないかな?

カクハシ
仕方ないなぁ、それじゃあ迷える小鳥のためにUQモバイルのメリットとデメリットを解説していこう!

デメリット

料金

UQモバイルは他のMVNOと比較するとやや料金が高めに設定されています。

UQモバイルはよく格安スマホ・格安SIMに分類されることが多いのですが、厳密に言えばキャリアよりは安く、格安SIMを販売するMVNOよりは少し高い、ミドルクラスの価格帯です。

以下は他社の6GBプランとUQモバイルの6GBプランの料金一覧です。

MVNO プラン 料金
OCNモバイルONE データ専用SIM ¥1,450
BIGLOBE SIM データ専用SIM ¥1,450
イオンモバイル データ専用SIM ¥1,480
nuroモバイル データ専用SIM ¥1,500
IIJmio ライトスタートプラン
タイプD
(データ専用SIM)
¥1,520
IIJmio ライトスタートプラン
タイプA
(SMS対応SIM)
¥1,520
BIGLOBE SIM SMS対応SIM ¥1,570
nuroモバイル SMS対応SIM ¥1,650
IIJmio ライトスタートプラン
タイプD
(SMS対応SIM)
¥1,660
イオンモバイル 音声通話SIM ¥1,980
OCNモバイルONE 音声通話SIM ¥2,150
BIGLOBE SIM 音声通話SIM ¥2,150
IIJmio ライトスタートプラン
タイプD/タイプA
(音声通話SIM)
¥2,220
nuroモバイル 音声通話SIM ¥2,200
UQモバイル プランM
(音声通話SIM)
¥2,980
Y!mobile プランM
(音声通話SIM)
¥2,980

以上の通り、1,500円を下回る料金プランを提供するMVNOもある中、UQモバイルは3,000円に近い2,980円で設定されています。

もちろん、UQモバイルは5分かけ放題か60分/120分/180分の無料通話がセットになっているので、通話をたくさん使う人にとってはお得ですが、通話を全く使用しない人にとってはデメリットとなってしまいます。

カクハシ
ちなみに他社で5分かけ放題を付けると780円~850円プラスされるから、かけ放題を検討している人はオプション料金を加えて比較しよう!

最低利用期間・違約金

UQモバイルの契約期間は2年単位の自動更新で、更新月以外で解約をすると9,500円の違約金が発生します。

格安SIMを販売するMVNOの多くは音声通話SIMの最低利用期間が12ヵ月で、短いところだと6か月や3ヵ月で解約することが出来るので、それらと比較すると2年間はやはり長く感じてしまいます。

さらに、UQモバイルの場合は最低利用期間が2年間ということではなく2年単位の自動更新なので、仮に2年間使ったとしても、更新月である1か月間のうちに解約をしなければ再び2年間の利用期間が発生してしまいます。

契約期間が長い上に、解約をするタイミングにも注意しなければならない点はUQモバイルのデメリットであると言えます。

通話料

格安SIMを販売するMVNOの多くが「専用通話アプリ」というものを提供しています。

専用通話アプリを利用すれば、かけ放題が使えたり、通話料が半額になったりするというメリットがあります。

通話料は通常20円/30秒ですが、専用通話アプリを使えば10円/30秒で使えるようになるのです。以下はUQモバイルと同じく5分かけ放題オプションを提供しているMVNOの通話料です。

MVNO 通話料
nuroモバイル nuroモバイルでんわ:10円/30秒
DMMモバイル DMMトーク:10円/30秒
FREETEL FREETELでんわ:10円/30秒
mineo mineoでんわ:10円/30秒
楽天モバイル 楽天でんわ:10円/30秒
イオンモバイル イオンでんわ:10円/30秒
UQモバイル 20円/30秒

ご覧の通り、UQモバイルには専用通話アプリの提供がないので通常通り20円/30秒の通話料がかかってしまい、専用通話アプリを提供するMVNOと比較するとやや見劣りしてしまいます。

メリット

回線速度

UQモバイルは、他のMVNOと比較すると回線速度がダントツで速いのが最大の魅力です。

格安SIMを販売するMVNOは、自社で通信網を持っておらず、ドコモ・au・ソフトバンクなどのキャリアから回線を借りてデータ通信を提供しています。

キャリアの通信網の一部を間借りしているに過ぎないので利用できる帯域は限られており、利用者が増えるとトラフィックの増加により回線速度は一時的に低下してしまい、その都度帯域を新たに借りて回復を図らなければならないので、格安SIMの回線は非常に不安定であると言わざるを得ません。

しかし、UQモバイルが他のMVNOと一線を画す点は、auと同じグループ会社であるという点です。

auが格安SIMを販売するMVNOの対抗馬としてサブブランド展開しているのがUQモバイルであるため、全くの他社に回線を依存するMVNOとは異なり、自社で回線の制御をすることが出来るUQモバイルは安定して高い回線速度を提供することが出来るのです。

Wi-Fiスポット

Wi-Fiスポットを提供していないMVNOが多く、提供していても有料オプションであるケースが多いのですが、UQモバイルではWi-Fiスポットを提供していて、なおかつ無料で利用することが出来るのがメリットです。

MVNO Wi-Fiスポット
IIJmio ×
OCNモバイルONE ・82,000箇所
・月額300円
mineo ×
LINEモバイル ×
UQモバイル ・60,000箇所
・無料
BIGLOBE SIM 86,000カ所
・6GB以上プラン利用:無料
・その他プラン:月額250円
楽天モバイル ・63,000箇所
・月額362円
NifMo ・5,200箇所
・無料
DMMモバイル 69,000箇所
・月額362円
ワイモバイル ・460,000箇所
・無料
FREETEL ×
イオンモバイル ×
nuroモバイル ×
エキサイトモバイル ×
スマモバ ×
DTI SIM ×
@モバイルくん。 ×
GMOとくとくBB
ロケットモバイル ×
もしもシークス ×
ぷららモバイルLTE ×
hi-ho LTE ×
ASAHI NET ×

Wi-Fiスポットが提供されているエリアであれば、外出先でもパケット消費の激しい動画の閲覧ソーシャルゲームを気兼ねなく利用することが出来るのでメリットであると言えます。

カクハシ
上のステッカーが貼ってある場所でWi-Fiに接続できるぞ!

iPhone

iPhoneを取り扱うMVNOがほとんどない中、UQモバイルはiPhoneの販売をしております

Apple社はiPhoneの販売に関してかなり販路を限定しており、ある程度の販売数が見込める事業者にしか販売を許可しておりません。

その為、現在国内でiPhoneを正式に販売しているのはau・ドコモ・ソフトバンクのような、多くの顧客を抱えるキャリアに限られています。

そして、UQモバイルはauのサブブランドであるというメリットを生かしてiPhoneのセット販売を実現しているのです。

近年では格安スマホ人気も後押ししてAndroid端末を利用する人が増加しているように思いますが、まだまだ日本ではiPhoneの人気が根強いので、そういった人たちにとってはiPhoneのセット販売はメリットであると言えます。

au

UQモバイルは、auで購入したスマートフォンであればSIMロックがかかっていても乗り換えることが可能です。

格安SIMに乗り換える場合、新たにMVNOでスマホとSIMカードをセットで購入するという選択もありますが、ドコモ・au・ソフトバンクなどのキャリアで購入したスマートフォンをそのまま使い、SIMカードだけMVNOで購入するという選択肢もあります。

しかし、キャリアで購入したスマートフォンの場合、通常はSIMロックがかかっており、これを解除しなければそのまま使うことが出来ません。

そして、格安SIMを販売するMVNOの9割近くがドコモから回線を借りているため、ドコモで購入したスマートフォンであればSIMロックがかかっていたとしてもほとんどの格安SIMに乗り換えることが可能です。

そんなドコモ端末が圧倒的に有利な格安SIM業界ですが、UQモバイルはドコモ回線ではなくau回線を利用しています。

その為、UQモバイルであればSIMロックがかかっているauのスマートフォンであっても解除することなくそのまま乗り換えることが出来るので、SIMロック解除ができない2015年5月以前にauで販売されたスマートフォンを利用している人たちにとって大きなメリットであると言えます。

最後に

ヤスインコ
UQモバイルはauのサブブランドだから回線速度が速いのかぁ!

カクハシ
そうだよ!格安SIM最大のデメリットは、キャリアと比べると回線速度が遅くなるっていう点なんだけど、そこを見事に克服したのがUQモバイルなんだ!キャリアよりも料金は安くしたいけど、回線速度は落としたくないっていう人にはオススメ!

ヤスインコ
ありがとう!参考になったよカクハシくん!

SIMnyがおすすめするMVNO

UQモバイル

無料通話+ネットで1,980円/月~
格安SIMアワード2015・2016通信速度部門第1位
iPhoneを取り扱う数少ないMVNO
Wi-Fiスポットが利用できる数少ないMVNO(全国約60,000箇所)
実店舗を展開する数少ないMVNO(全国2,700店舗以上)

LINEモバイル

月額500円から利用可能
格安SIMトップクラスの回線速度
当サイト実測平均値:くだり43.27Mbps/のぼり24.11Mbps
全てのプランでLINEが使い放題
Twitter、Facebook、Instagramも使い放題に
クレジットカードなしで契約可能

mineo(マイネオ)

mineo
ドコモとau、2つのキャリアのスマホが利用可能
auのiPhone6/5S/5C/5も利用可能
ネット上のmineo利用者とパケットがシェア出来る
安定した回線速度
30分/60分の通話定額が選べる

おすすめ記事

-MVNO, UQモバイル
-, , , , , , , ,

Copyright© 格安スマホ比較のSIMny(シムニー) , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.