格安スマホ・格安SIMの比較サイト

格安スマホ比較のSIMny(シムニー)

ソフトバンク

ソフトバンクから格安SIM・スマホに乗り換え料金比較!iPhoneは使える?

更新日:

ソフトバンクの料金プラン

カクハシ
まずはソフトバンクに毎月いくら払っているのか確認しよう!

スマ放題

通話定額基本料 2,700円
ウェブ使用料 300円
データ定額 30GB 8,000円
20GB 6,000円
5GB 5,000円
2GB 3,500円
1GB 2,900円
スマ放題とは

24時間通話し放題のプラン

スマ放題プランの1ヵ月の料金合計

30GBプラン:11,000円
20GBプラン:9,000円
5GBプラン:8,000円
2GBプラン:6,500円
1GBプラン:5,900円

スマ放題ライト

通話定額基本料 1,700円
ウェブ使用料 300円
データ定額 30GB 8,000円
20GB 6,000円
5GB 5,000円
1GB 2,900円
スマ放題ライトとは

1回5分以内の通話が無料になるプラン

スマ放題ライトの1ヵ月の料金合計

30GBプラン:10,000円
20GBプラン:8,000円
5GBプラン:7,000円
1GBプラン:4,900円

ホワイトプラン

ホワイトプラン基本料 934円
ウェブ月額使用料 300円
パケット定額サービス 7GBフラット 5,700円
7GB 2,000~6,200円
(パケット通信料:
0.05円/パケット)
ホワイトプランとは

ソフトバンク同士で午前1時から午後9時まで通話が無料になるプラン

ホワイトプランの1ヵ月の料金合計

パケットし放題フラットプラン:6,934円
パケットし放題プラン:3,234円~7,434円

格安SIMとの料金比較

全MVNOの中でもIIJmioとOCNモバイルONEは格安SIMの先駆者的存在で、特に回線の品質が高いことから、他のMVNOにも回線の又貸しをしております。そして、IIJmioとOCNモバイルONEから回線の提供を受けているMVNOを「IIJ系」「OCN系」なんて言ったりもします。

MVNOと言っても有名なところだけで30社近く存在し、それらすべてと比較するわけにもいかないので今回はそんなMVNOの代表的存在であるIIJmioおよびOCNモバイルONEの料金とソフトバンクの料金を比較してみたいと思います。

IIJmioに乗り換えた場合

プラン名 ミニマムスタートプラン ライトスタートプラン ファミリーシェアプラン
データ容量
(バンドルクーポン)
3GB 6GB 10GB
データ通信専用SIM 900円~ 1,520円~ 2,560円~
SMS付きSIM 1,040円~ 1,660円~ 2,700円~
音声通話付きSIM 1,600円~ 2,220円~ 3,260円~
カクハシ
ソフトバンクのスマ放題ライト5GBプランからIIJmioのライトスタートプラン(6GB)の音声通話付きSIMに乗り換えた場合の料金を比較してみるぞ!
ソフトバンク(スマ放題ライト5GB) IIJmio(ライトスタートプラン6GB) 差額
7,000円 2,220円 4,780円

ソフトバンク(スマ放題ライト5GB)からIIJmio(ライトスタートプラン6GB)の格安SIMに乗り換えた場合、1ヵ月に4,780円安くなり1年に換算すると57,360円もお得になります。

OCNモバイルONEに乗り換えた場合

音声対応SIMプラン 月額基本料


110MB/日 1,600円
170MB/日 2,080円


3GB/月 1,800円
6GB/月 2,150円
10GB/月 3,000円
20GB/月 4,850円
30GB/月 6,750円
500kbps(15GB/月) 2,500円
カクハシ
今度はソフトバンクのスマ放題ライト5GBプランからOCNモバイルONEの音声対応SIM(データ通信6GB)に乗り換えた場合の料金を比較してみよう!
ソフトバンク(スマ放題ライト5GB) OCNモバイルONE(音声対応SIM+データ6GB) 差額
7,000円 2,150円 4,850円

ソフトバンク(スマ放題ライト5GB)からOCNモバイルONEの音声対応SIM(データ通信6GB)に乗り換えた場合、1ヵ月に4,850円安くなり1年に換算すると58,200円もお得になります。

U-mobile Sに乗り換えた場合


カクハシ
U-mobileはソフトバンクのiPhone6やiPhone5Sが唯一使えるMVNOだよ!

容量 月額料金
1GB 880円
3GB 1,580円
7GB 2,980円
30GB 4,980円
カクハシ
ソフトバンクのスマ放題ライト5GBプランからU-mobileの3GBに乗り換えた場合の月額料金を比較してみよう!
ソフトバンク(スマ放題ライト5GB) U-mobile S(データ専用SIM3GB) 差額
7,000円 1,580円 5,420円

ソフトバンク(スマ放題ライト5GB)からU-mobile S(3GB)の格安SIMに乗り換えた場合、1ヵ月に5,420円安くなり1年に換算すると65,040円もお得になります。

ヤスインコ
IIJmioにしろOCNモバイルONEにしろU-mobileにしろ、ソフトバンクから格安SIMに乗り換えれば年間5~6万円近くも節約できるのか・・・。

カクハシ
電気代・ガス代を頑張って節約してもそれぞれ年間1万円ずつくらいが限界だからね・・・5~6万円近く節約出来る格安SIMは無視出来ないよね!

iPhoneは使えるのか

ヤスインコ
カクハシ!よくソフトバンクのiPhone 6とかiPhone 5Sでは格安SIMが使えないっていう話を聞くんだけど、実際どーなの?

カクハシ
2017年3月22日からついにU-mobile SでソフトバンクのiPhone6/5S/5が使えるようになったよ!

ソフトバンクは国内で初めてiPhoneを取り扱い始めたキャリアでもあるので、他のキャリアと比較してもソフトバンクユーザーはAndroidよりもiPhoneを使用している割合が多い印象です。それに伴い、格安SIMに乗り換える上で多くのソフトバンクユーザーが懸念しているのが「今使っているiPhoneで格安SIMは使えるのか?」という点です。

まず、2015年5月以前に販売された、SIMロック解除が出来ないiPhone 5Sシリーズ、iPhone 6シリーズ、iPhone 6Sシリーズ、iPhone 7シリーズ、iPhone SEシリーズでは現状は使用できません。(もしかしたら近いうちに使用出来るようになるかもしれません。)

少しこの辺の話を詳しくさせて頂きます。
日本で販売されていた携帯電話は、2015年5月までSIMロックというものが掛かっていました。SIMロックとは、ドコモ・au・ソフトバンクといったキャリアがユーザーを囲い込むために設けた制限で、好き勝手に他社に乗り換えられないようにされていたのです。

しかし総務省から「SIMカードのロックをかけるな」というお達しが出て、2015年5月からはSIMロックが解除できる状態でスマートフォンが販売されるようになったのです。

つまり、2015年5月以降に販売されたiPhoneはSIMロックが解除できるので、格安SIMにそのまま乗り換えることが出来ますが、2015年5月以前に販売されていたiPhoneではSIMロックが解除できないので格安SIMに移行することが出来なかったのです。

ここまで聞くと、「別にそれってソフトバンクに限った話じゃないじゃん」と思うかもしれませんが、ソフトバンクの場合はさらに不幸で、ドコモとauだけはSIMロックがかかったまま移行することが出来るMVNOが存在するのです。

MVNOというのは自分たちで独自の回線を持っておらず、ドコモ・au・ソフトバンクなどの大手の回線を借りてサービスを提供しています。そして、MVNOが「ドコモの回線を借りているMVNO」であればSIMロックが解除できなくてもそのまま格安SIMを使うことが出来る、という仕組みなんですが、残念なことにソフトバンクの回線を借りてサービスを提供しているMVNOというのが全くないのです。

つまり、iPhone6やiPhone 5Sを使っていて、格安SIMを使いたいという人がいたら機種ごとセットで買い替える必要があったのです。
というのが、今までの格安SIM業界の常識でした。

しかし、2017年3月22日より「U-mobile」がソフトバンク回線を使用した格安SIMの提供を開始するようで、どうやらこのSIMであればSIMロックが解除できないiPhone6や5Sでも利用できるようになるみたいです。

新しく買い替えた方が良い?

ドコモ・auの利用者であれば、端末代がかからないので、基本的には今利用しているスマホを活用することをオススメしています。しかしソフトバンクの場合は少し意見が変わります。

ソフトバンクのSIMロック解除が出来ないスマホでも今後利用出来るMVNOが登場するかもしれない、という話はしました。
ところで、そもそもなぜソフトバンク回線を利用しているMVNOが少ないのかというと、独自に回線を持たないMVNOはドコモ・au・ソフトバンクに回線のレンタル料を支払いユーザーにデータ通信を提供しているのですが、ソフトバンクはドコモ・auに比べて回線のレンタル料金が高いため、どこのMVNOも利用したがらないという事情があるようです。

その為、仮に1社ソフトバンクでも利用できるMVNOが登場したとしても、選択肢はその1社しかありません。もし仮にその1社の回線が遅かったりして不満が出てきたとしても、他にも乗り換えられるMVNOが新たに登場しない限りそのMVNOを使い続けるしかないということになります。

2015年5月以降にソフトバンクで販売された、SIMロック解除が出来るスマホを利用している人たちであれば、SIMロック解除を解除すれば好きなSIMカードに乗り換えることが出来るのでそのままのスマホで格安SIMに乗り換えてもいいと思います。
しかし、上記のような事情があるので、iPhone6/iPhone5SといったSIMロック解除が出来ないソフトバンク端末を利用している人たちに関しては「今後使えるようになるMVNOを待つ」よりかは、いっそのこと新たに格安SIMとスマホのセットを購入した方がいいと個人的には思います。

デメリット

回線速度が遅くなる

ソフトバンクに限った話ではありませんが、格安SIMに切り替えるとほぼ確実にデータ通信の回線速度が遅くなります。

格安SIMは、料金自体にはそこまで大きな差はないので、選ぶ際には回線速度が安定しているMVNOかどうかを一つの指標にするといいでしょう。

@i.softbank.jpや@softbank.ne.jpが使えなくなる

格安SIMに乗り換えると、ソフトバンクを解約することになるので当然ソフトバンクのキャリアメールである「@i.softbank.jp」や「@softbank.ne.jp」といったアドレスが使用出来なくなります。

24時間通話・ホワイトプランは使えなくなる

格安SIMには「1回5分以内の通話無料」と「毎月30分・60分の通話無料」といったサービスはありますが、24時間通話無料のサービスを提供しているMVNOはありません。また、当然のことながらソフトバンクを解約することになり、ホワイトプランは使えなくなるのでソフトバンクへの通話は有料になります。

ソフトバンク系の公衆無線LANが使えなくなる

解約に伴い、ファーストフードやカフェ、主要駅、ホテルなどに設置されている、BBモバイルポイント、ソフトバンクWi-Fiスポットといった、ソフトバンク系の公衆無線LANが使用出来なくなります。

ソフトバンク系の公衆無線LANはドコモやauよりも設置数が多いので、ソフトバンクユーザーにとってはやや難点かもしれません。

カクハシ
ソフトバンク系のMVNOである「Y!mobile」のだけはソフトバンク系公衆無線LANが使用出来るぞ!

MNP

現在ソフトバンクのスマートフォンで利用している電話番号をそのまま格安SIMでも利用する場合にはMNP(モバイルナンバーポータビリティ)予約番号を取得する必要があります。

MNP予約番号を取得する方法は2通りあり、1つはソフトバンクショップへ行き手続きする方法と、電話窓口で手続きをする方法です。

受付窓口 受付時間 備考
携帯電話番号ポータビリティ(MNP)お問い合わせ窓口 午前9時から午後8時 ソフトバンク携帯電話から *5533
フリーコール 0800-100-5533(無料)
ソフトバンクショップ 各店の営業時間 シンプルスタイル(プリペイド携帯電話)を利用している人がMNP予約番号を取得するには、ソフトバンクショップでMNP予約を申し込む必要があります。
カクハシ
電話だと5分~10分くらいで手続き完了するから、プリペイド携帯の人以外はソフトバンクショップに行く意味はあまりないよ!

MNP予約から格安SIMに番号を移行するまでの流れとしては以下の通りです。

①ソフトバンクショップか電話窓口でMNP予約番号を取得する
 →MNP予約番号と、予約番号が何月何日まで有効かメモを取る
②希望のMVNPで格安SIMの申し込み・契約をする
 →申し込みの際にMNP予約番号と予約番号の有効期限を入力
③MVNOから受付完了のメールを受け取る
 →早くて2~3日で自宅に届く
④新たに届いたSIMカードをスマホに挿入する
⑤MVNOの会員ページで開通手続きをする
⑥開通&ソフトバンク解約完了

大体このような流れになります。

ちなみにMNPの予約番号を取得して開通をすれば、同時にソフトバンク解約の手続きも完了することになるので、別途ソフトバンクのサイトや電話窓口で解約の手続きをしたりする必要はありません。

おわりに

ヤスインコ
長い目で見てお得になるんならスマホ本体を新しく買い替えてもいいかもなぁ。

カクハシ
ヤスインコ、そんなにソフトバンク独自のサービス使ってなかったもんね。絶対に乗り換えた方がお得だよ!

SIMnyがおすすめするMVNO

UQモバイル

無料通話+ネットで1,980円/月~
格安SIMアワード2015・2016通信速度部門第1位
iPhoneを取り扱う数少ないMVNO
Wi-Fiスポットが利用できる数少ないMVNO(全国約60,000箇所)
実店舗を展開する数少ないMVNO(全国2,700店舗以上)

LINEモバイル

月額500円から利用可能
格安SIMトップクラスの回線速度
当サイト実測平均値:くだり43.27Mbps/のぼり24.11Mbps
全てのプランでLINEが使い放題
Twitter、Facebook、Instagramも使い放題に
クレジットカードなしで契約可能

mineo(マイネオ)

mineo
ドコモとau、2つのキャリアのスマホが利用可能
auのiPhone6/5S/5C/5も利用可能
ネット上のmineo利用者とパケットがシェア出来る
安定した回線速度
30分/60分の通話定額が選べる

おすすめ記事

-ソフトバンク
-, , , , , ,

Copyright© 格安スマホ比較のSIMny(シムニー) , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.