格安スマホ・格安SIMの比較サイト

格安スマホ比較のSIMny(シムニー)

SIM比較 クレジットカード不要

格安スマホはクレジットカードなしでも平気?口座振替OKクレカ不要MVNO!

更新日:

ヤスインコ
カクハシ!ちょっと聞きたいことがあるんだけど!

カクハシ
どうしたのヤスインコ君。

ヤスインコ
格安スマホってクレジットカードがないと契約できないの?

カクハシ
ほとんどのMVNOはクレジットカード必須だね。

ヤスインコ
うわーやっぱりそうなのかー。

カクハシ
でも中にはクレジットカード以外にの支払い方法が選択出来るMVNOもあるよ!

ヤスインコ
えっ!そうなの!どこどこ!?

カクハシ
仕方ないなぁ。それじゃあクレジットカード以外の支払い方法が利用できるMVNOを紹介してあげるよ!

クレカ不要のおすすめMVNO

楽天モバイル公式サイト

クレジットカードなし契約の可否

カクハシ
クレジットカードなしで申し込むなら一番簡単なのが楽天モバイル二番目がLINEモバイルかな!他は条件や制約あり!
MVNO クレジットカード以外の支払い方法
LINEモバイル LINE Pay/LINE Payカード
mineo ×
UQモバイル ×
OCNモバイルONE 口座振替(別途相談)
IIJmio ×
BIGLOBE SIM 口座振替(データ専用SIMのみ)
楽天モバイル ・口座振替
・デビットカード
・楽天スーパーポイント
NifMo ×
DMMモバイル ×
Y!mobile 口座振替(店舗申込み限定)
FREETEL ×
イオンモバイル ・イオンスクエアメンバーID・PW
・ときめきポイント
nuroモバイル ×
エキサイトモバイル ×
スマモバ 口座振替(一部店舗申込み限定)
トーンモバイル 口座振替(本体代金はクレカのみ)
DTI SIM ×
@モバイルくん 口座振替(データ専用SIMのみ)
GMOとくとくBB ×
ロケットモバイル デビットカード
もしもシークス ×
ぷらら ×
ASAHI NET ×
カクハシ
×は文字通りクレジットカードがなきゃ契約出来ないってことだから、それ以外を詳しく説明していくよ!

LINEモバイル

カクハシ
「LINE Pay」と「LINE Payカード」は別物だから注意!

LINEモバイルはクレジットカードの他にLINE PayまたはLINE payカードで申し込むことが可能です。

LINE Pay

まず、LINEアプリで簡単に決済が出来る「LINE Pay」は、利用する場合にはクレジットカードの登録が必須です。

ヤスインコ
LINE Pay」はクレジットカード必要なのかよ!じゃあどうすれば!

カクハシ
LINE Payカード」で申し込むんだよ!

LINE Payカード

クレジットカードなしでLINEモバイルを申し込みたい人はまず「LINE Payカード」を申し込みましょう。

LINE Payカードとはコンビニなどでチャージをすることが出来る電子マネーで、JCBのマークが付いていますがプリペイドカードなのでクレジットカードとは異なり申し込みの際に審査はありません。誰でも簡単に申し込んで利用することが出来るカードです。

LINE Payカード自体がコンビニでのレジチャージや銀行口座からのチャージに対応しているので、完全にクレジットカードなしで契約可能することが可能なMVNOです。

申し込み方法


カクハシ
まずは上のQRコードを読み込もう!


QRコードを読み込むと、LINE Payカードの申し込みページに飛びます。手順は非常に簡単で、①カードのデザインを選択をして、②名前を入力し、③郵便番号、最後に④住所を入力して確定すれば申し込みが完了します。

カード自体は申し込みから1~2週間程度で自宅に届くので、自宅に届いたのちにLINEモバイルの申し込み手続きを進めていきましょう。


カクハシ
クレジットカードの番号を入力する申し込み画面ではLINE Payカードに記載されている16桁の番号を入力することで申し込みを進めることが出来るよ!

LINE Payのチャージ方法

銀行口座
LAWSONレジチャージ
Pay-easy
コンビニ
オートチャージ

OCNモバイルONE

OCNモバイルONEはクレジットカードの支払いが原則ですが、カスタマーズフロントに問い合わせをして「口座振替でのお支払い希望」である旨を伝えると口座振替が選択できるようです。

しかし、口座振替の場合は口座振替依頼書がOCNモバイルONEから送られてきて、用紙に記入の上返送してからの受付となるので、クレジットカード払いよりも、SIMカード送付から開通までに時間がかかるので注意です。

BIGLOBE SIM

BIGLOBE会員

ビッグローブ光」「BIGLOBE光パックNeo with フレッツ」「BIGLOBE 光 with フレッツ」等、BIGLOBEのサービスをすでに利用している人は、契約中のサービスと同じ支払い方法を選択することが出来ます。つまり、すでに利用しているBIGLOBEのサービスで銀行口座振替ゆうちょ銀行自動払込を選択している人は、同じ方法でSIMカードの月額料金を支払うことが可能です。

BIGLOBE会員ではない人

BIGLOBE会員ではない人の場合、BIGLOBE SIM音声通話プランの支払い方法はクレジットカードのみですが、データ専用SIMに関しては口座振替を選択することが可能です。

BIGLOBEの支払い方法まとめ

既にBIGLOBE会員の人は銀行口座振替やゆうちょ銀行自動払込が利用可能
BIGLOBEの会員ではない人の場合データ専用SIMだけは口座振替が利用可能

Y!mobile

Y!mobileはインターネットでの申し込みに関してはクレジットカードが必要になりますが、店舗での申し込みであれば口座振替が選択できます。

楽天モバイル

口座振替

カクハシ
楽天モバイルは全プランで口座振替が選択できる唯一のMVNOだぞ!

楽天モバイルは支払い方法として「口座振替」を選択することができ、口座振替を選択してもし込めるプランの制限もないのでかなり申し込みのしやすいMVNOであると言えます。

ただし、スマホの本体代に関しては口座振替を利用することが出来ないので、完全にクレジットカードなしでスマホセットを購入する場合は、月額料金の支払いとして口座振替を選択し、スマホ本体代だけ楽天スーパーポイントを利用しましょう。楽天スーパーポイントはコンビニで「楽天ポイントギフトカード」を購入することでチャージすることが可能です。

口座振替手数料:100円

デビットカード

楽天モバイルはすべてのプランでデビットカード決済を利用することが出来ます。
ただし、利用出来るカードは「楽天銀行デビットカード」「スルガ銀行デビットカード」に限られ、それ以外のデビットカードは利用できないので注意です。

楽天スーパーポイント

また、スマホ本体の代金に関してはクレジットカード楽天スーパーポイントしか利用できませんが、楽天スーパーポイントを持っていなくてもコンビニ等で簡単に「楽天ポイントギフトカード」が購入できるので、スマホとSIMカードをセットで購入する場合にも実質完全にクレジットカードなしで契約することが可能です。

楽天ポイントギフトカード取扱店

ファミリーマート/セブンイレブン/サークルKサンクス/セーブオン/ドン・キホーテ/デイリーヤマザキ/ジョーシン/ミニストップ/ダイエー/ポプラ

さらに、「データ通信SIMのみ」や「店舗の申し込みのみ」といった制限もないので、楽天モバイル他のMVNOに比べても購入のハードルがかなり低いMVNOであると言えます。

イオンモバイル

イオンモバイルではクレジットカード払いの他に「イオンスクエアメンバーでのID・PW決済」「ときめきポイントによるお支払い」「ネットWAONポイントによるお支払い」という3種類の支払い方法が選択出来ます。

しかし、これら3種類の支払い方法は間接的にクレジットカードを必要とするか、あるいは毎月発生する月額料金の決済方法としては現実的ではなかったりするため、表面上はクレジットカード以外でも決済は可能に見えますが、実質的にはクレジットカード必須のMVNOと考えていいかもしれません。

イオンスクエアメンバーでのID・PW決済

事前にイオンスクエアメンバーに会員登録をしている人はIDとパスワードで決済をすることが可能です。
しかし、イオンスクエアメンバーに会員登録をするにはクレジットカードの登録が必要なので、間接的にクレジットカードが必要な決済方法と言えます。

ときめきポイントによるお支払い

ときめきポイントとは、イオンが発行するクレジットカードを利用することで貯まるポイント制度です。
その為、イオンスクエアメンバーでのID・PW決済と同様、間接的にクレジットカードが必須の決済方法と言えるでしょう。

ネットWAONポイントによるお支払い

ネットWAONポイントとは、イオンが展開するネットショッピングモール「イオンスクエア」で買い物をすると貯まるポイント制度です。しかし、200円の買い物をするごとに1Pずつポイントが貯まる仕組みなので、とても月額料金の支払い方法として運用していくのは現実的とは言えません

イオンモバイルの支払い方法まとめ

イオンスクエアメンバーでのID・PW決済は間接的にクレカ必須
ときめきポイントによるお支払いは間接的にクレカ必須
ネットWAONポイントは毎月の支払う手段としては現実的ではない

スマモバ

インターネットでの申し込みの場合はクレジットカードが必須ですが、スマモバは実店舗でも販売を行っており、取扱店によってはクレジットカード以外の支払い方法を選択できる場合があるようです。

事前に最寄りのスマモバ取扱店に問い合わせをして、クレジットカード以外の支払い方法が利用できるか確認をしておくことをオススメします。

トーンモバイル

月額料金の支払で口座振替を利用することが可能ですが、前提としてトーンモバイルはスマホ本体の購入が必須で、インターネットでスマホ本体の購入をする際にクレジットカードが必要になります。なので、インターネットで申し込みをする場合は実質クレジットカードが必須と言えるでしょう。

しかし、トーンモバイルの店舗販売を行うTSUTAYA等で契約をする場合現金一括でスマホ本体を購入することが可能なので、店舗で契約時に口座振替を選択すればクレジットカードは完全に不要になります。

トーンモバイルの支払いまとめ

インターネットではクレジットカードが実質必要
TSUTAYA店頭で契約をする場合は不要

@モバイルくん

@モバイルくんの場合、音声通話付きSIMの場合はクレジットカードが必須ですが、データ専用SIMの場合は口座振替も選択することが出来ます

しかし、口座振替を選択する場合「口座振替依頼書」が自宅に送られてくるので、記入してから@モバイルくんに送り返すというプロセスが加わるので、クレジットカード払いよりもSIMカードの利用開始までに少し時間がかかるので注意です。

@モバイルくんの支払いまとめ

データ専用SIMのみ口座振替も可

ロケットモバイル

ロケットモバイルはクレジットカードの他にデビットカードでの申し込みを選択することが出来ます。

結論

クレジットカードだけでなく口座振替も選択できるというMVNOはいくつかありますが、どれも「ネット申し込みはクレジットカードのみ」や「データ専用SIMのみ口座振替可」といった条件が付されているケースが多いです。

しかし、楽天モバイルの場合には口座振替のほかにデビットカード、さらにコンビニで購入可能楽天スーパーポイントまで利用できる上に、プランの縛りもありません。楽天モバイルもクレジットカードなしで簡単に申し込むことが出来るMVNOであると言えます。

楽天モバイルの次に申し込みのハードルが低いのがLINEモバイルです。
LINEモバイルの場合はLINE payカードを使って申し込みが出来るプランの縛りがない上に、「LINE Payカード」はコンビニでのチャージから銀行口座でのチャージまで非常に多彩な方法でチャージすることが出来るので、あらゆる人にとってハードルの低い決済方法と言えるでしょう。

クレジットカードを持っていないけど格安スマホ・格安SIMに乗り換えたい、という人にはLINEモバイル楽天モバイル非常にオススメのMVNOです。

SIMnyがおすすめするMVNO

UQモバイル

無料通話+ネットで1,980円/月~
格安SIMアワード2015・2016通信速度部門第1位
iPhoneを取り扱う数少ないMVNO
Wi-Fiスポットが利用できる数少ないMVNO(全国約60,000箇所)
実店舗を展開する数少ないMVNO(全国2,700店舗以上)

LINEモバイル

月額500円から利用可能
格安SIMトップクラスの回線速度
当サイト実測平均値:くだり43.27Mbps/のぼり24.11Mbps
全てのプランでLINEが使い放題
Twitter、Facebook、Instagramも使い放題に
クレジットカードなしで契約可能

mineo(マイネオ)

mineo
ドコモとau、2つのキャリアのスマホが利用可能
auのiPhone6/5S/5C/5も利用可能
ネット上のmineo利用者とパケットがシェア出来る
安定した回線速度
30分/60分の通話定額が選べる

おすすめ記事

-SIM比較, クレジットカード不要
-, , , , , ,

Copyright© 格安スマホ比較のSIMny(シムニー) , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.