格安スマホ・格安SIMの比較サイト

格安スマホ比較のSIMny(シムニー)

au

auから格安スマホに乗り換え料金比較!デメリットは?おすすめMVNOも紹介!

更新日:

auの料金プラン

ヤスインコ
auと契約したのだいぶ前だし、自分が何のプランに加入してるのか忘れちゃったよ!

カクハシ
意外とそういう人多いんだよね。格安SIMを探す前に、まずはauに毎月いくら支払っているのかをしっかり把握しておこう!

スーパーカケホ+データ定額+LTE

スーパーカケホ 1,700円
LTE NET 300円
データ定額 1G 2,900円
3G 4,200円
5G 5,000円
20G 6,000円
30G 8,000円

ちょこちょこ電話をかける人が加入しているであろうプランがスーパーカケホ+データ定額+LTEのプランです。これらを合計すると、1Gプランの人だと毎月4,900円3Gプランの人だと毎月6,200円5Gプランの人だと毎月7,000円20Gプランの人だと毎月8,000円20Gプランの人だと毎月10,000円以上が合計かかっているということになります。

スーパーカケホとは

1回5分以内の通話が24時間無料になるサービス

スーパーカケホ+データ定額+LTEの毎月合計金額

1Gプラン:4,900円/月
3Gプラン:6,200円/月
5Gプラン:7,000円/月
20Gプラン:8,000円/月
20Gプラン::10,000円/月

カケホ+データ定額+LTE

カケホ 2,700円
LTE NET 300円
データ定額 2G 3,500円
3G 4,200円
5G 5,000円
20G 6,000円
30G 8,000円

ガンガン電話をかけまくる人が加入しているであろうプランがカケホ+データ定額+LTEのプランです。スーパーカケホが1回5分なのに対して、カケホは24時間通話無料というプランです。

これらを合計すると、2Gプランの人は毎月6,500円、3Gプランの人は毎月7,200円5Gプランの人は毎月8,000円20Gプランの人は毎月9,000円以上30Gプランの人は毎月11,000円以上支払っていることになります。

カケホとは

24時間通話が無料になるサービス

カケホ+データ定額+LTEの毎月合計金額

2Gプラン:6,500円/月
3Gプラン:7,200円/月
5Gプラン:8,000円/月
20Gプラン:9,000円~/月
30Gプラン:11,000円~/月

LTEプラン+LTEフラット

LTEプラン 934円
LTE NET 300円
LTEフラット 5,700円

店頭で「あまり電話はしません」と答えた人が、おそらく加入を勧められて入っているであろうプランが「LTEプラン+LTEフラット」です。このプランでは一律で7Gがデータ通信の上限になっております。

合計すると毎月6,934円、さらに話し放題が付いていないプランなので、通話をした人は6,934円+通話料が毎月かかることになります。

LTEプラン+LTEフラットの毎月合計金額

6,934円+通話料

格安SIMとの料金比較

格安SIMを販売するMVNOは基本的には自社の回線というのを持っておらず、ドコモ・au・ソフトバンクなどの大手キャリアの回線を借りて利用者にデータ通信を提供しております。そして、全MVNOの9割近くがドコモの回線を借りて、利用者にデータ通信を提供しているんですが、au回線を借りているMVNOも3社だけあります。その3社というのが「mineo」「UQ mobile」「IIJmio」です。

さらに、2015年5月以降に販売されているスマホはSIMロックの解除が可能なのですが、それ以前に販売されていたスマホというのはSIMロックが解除できません。そして、原則はSIMロックが解除できないと格安SIMを利用することが出来ないのですが、auのスマホでSIMロックがかかっている端末でも利用できるMVNOがあります。それが「mineo」と「UQモバイル」です。mineoとUQモバイルだけは2015年5月以前にauで契約したスマホであっても利用できるというわけです。

UQモバイルの場合料金プランが少し特殊なので、今回はauの月額料金とmineoに変更した場合の料金を比較したいと思います。

データ通信+音声通話

mineoにはドコモの回線を利用したDプランとauの回線を利用したAプランがあるので、今回はAプランの料金と比較したいと思います。これはmineoに限った話ではありませんが、格安SIMは基本的に「データ通信」のみのプランか、「データ通信+音声通話」のプランの2パターンが存在します。仮に同じような条件で比較してみると、このようになります。

au(スーパーカケホ+データ定額+LTE)→mineo(データ通信+音声通話)

au(スーパーカケホ+データ定額+LTE) mineo(データ通信+音声通話) 差額(au - mineo)
1Gプラン:4,900円/月 1Gプラン:1,410円/月 3,490円/月
3Gプラン:6,200円/月 3Gプラン:1,510円/月 4,690円/月
5Gプラン:7,000円/月 5Gプラン:2,190円/月 4,810円/月
カクハシ
今auで5Gのプランを使っている人の場合は毎月4,810円も安くなるんだ!

データ通信のみ

上では音声通話が出来るプラン同士で比較しました。
では仮に「電話そんなにしないよ」という人が近しいプランに乗り換えるとしたらこのようになります。

au(LTEプラン+LTEフラット)→mineo(5Gデータ通信)

au(LTEプラン+LTEフラット) mineo(5Gデータ通信) 差額(au - mineo)
6,934円 1,580円 5,354円

ちなみにauのLTEプラン+LTEフラットのプランのデータ通信の上限は7Gなのですが、mineoには7Gのプランがないので5Gのプランと比較させて頂きました。

ヤスインコ
ええっ!データ通信だけのプランに変えると毎月5,354円も安くなるの?!僕ほとんど電話しないからこっちのプランの方がいいかも

1年間の差額

デメリット

ヤスインコ
カクハシ!毎月のスマホ料金が安くなるのは分かったけど、auから格安SIMに変更したら場合のデメリットだってあるでしょ?

カクハシ
そうだね、もちろんデメリットはいくつかあるから紹介していこう。

MVNOによっては速度が落ちる

格安SIMはドコモ・au・ソフトバンクの回線を利用しているという話はしましたが、それじゃあすべての格安SIMが3大キャリアと同じ回線速度が出るのかというとそうもいきません。というより、大抵のMVNOは3大キャリアよりも速度は落ちます

そして、どのMVNOを利用するかによって回線速度に大きな差があります。特に利用者が増える昼の12時~1時の時間帯には数Kbpsしか出ないMVNOもあったりします。

さらに気を付けなければならないのが、MVNOが発表している「最高速度」というのはあくまでも理論値なのですが、格安SIMの場合はキャリアの理論値よりも振れ幅があります。なので、格安SIMの回線速度の安定感を判断するには、実際に利用している人たちの意見を参考にするのが一番です。

参考程度に、一般的に口コミなどで回線速度が安定していると言われているMVNOは以下の通りです。

回線速度が安定していると言われているMVNO

FREETEL
OCNモバイルONE
IIJmio
LINEモバイル
mineo
楽天モバイル
UQ mobile

MVNOによってはテザリングが出来ない

MVNOで格安SIMとスマホをセットで購入する場合は問題なくテザリングを利用出来ますが、現在使用しているauで購入したスマホで格安SIMを利用する場合には、機種とMVNOの組み合わせによってはテザリングが利用出来ない場合があります

auの場合、2015年5月以降に購入したSIMロックを解除できるAndroidであればどのMVNOでもテザリングが利用できますが、2015年5月以前に購入したSIMロック解除が出来ないAndroidではテザリングを使用することが出来ません。

また、auで購入したiPhoneの場合、iPhone6/6Plus/6S/6S Plus/SEとUQモバイルという組み合わせであればテザリングを利用出来ますが、それ以外の組み合わせは現状テザリングは使用出来ません。

テザリングとは

スマートフォンのLTEを利用して他のスマートフォン・タブレット・PCでWi-Fi接続することが出来る機能

テザリングが利用できる組み合わせ

SIMロック解除が出来るAndroidと全MVNO
iPhone6/6Plus/6S/6S Plus/SEとUQモバイル

テザリングが利用出来ない組み合わせ

SIMロックが解除できないAndroidと全MVNO
iPhone6/6Plus/6S/6S Plus/SEとUQモバイル以外の組み合わせ

長電話をかけることが多い人には不向き

MVNOには「1回5分以内の通話が無料」と「月60分まで無料」という2つの通話サービスはありますが、auの「カケホ」のように24時間通話が無料になるサービスが存在しません。なので、一度の通話で数時間話すような人には少し不向きかもしれません。

ezwebのメールが使用出来ない

格安SIMに乗り換えると、当然ながらauを解約することになるので「@ezweb.ne.jp」のキャリアメールが使用出来なくなります。普段LINE等のチャットアプリやGmailのようなフリーメールを利用せず、キャリアメールが中心の人には少し不向きかもしれません。

MVNOの選び方

それではいざ格安SIMに乗り換えようと思った場合にまず
スマホは新しく買い替えるのか?
今使っているスマホをそのまま使うのか?
という問題に直面します。

MVNOでスマホを新しく買い替える場合は何も難しい話はありません。MVNOではどの会社のSIMカードでも利用できるSIMフリーのスマホしか販売していないので、端末とSIMカードをセットで購入すればすぐに利用を開始することが出来ます。

しかし、現在利用しているauのスマホを格安SIMで利用する場合「他社のSIMカードが使える端末かどうか」という問題が出てきます。この問題に直面した場合にまず確認しなければならないのが「2015年5月よりも前に買ったスマホか、後に買ったスマホか」と「iPhoneかAndroidか」という2点です。

まず、自分が今使っているスマホが2015年5月よりもに買ったスマホであれば、auがかけているSIMロックを解除することが出来るので、iPhone・Androidを問わず他社のSIMカードを利用することが出来ます。

しかし、自分が今使っているスマホが2015年5月よりもに買ったスマホであれば、auがかけているSIMロックを解除することが出来ないので「SIMロックがかかっている状態でも利用できるSIMカード」しか利用することが出来ません。
具体的には、iPhone・auともに「au系MVNO」しか利用ができず、「ドコモ系MVNO」は利用できません。

ではau系MVNOとはどのMVNOを指すのかといえば、「mineo」「UQモバイル」「IIJmio」の3社のみで、IIJmioに関してはau系MVNOですがSIMロックがかかっているau端末では利用出来ない仕様なので、2015年5月以前にauで購入したiPhone・Androidで利用できるのは実質「mineo」と「UQモバイル」の2社のみです。

VoLTE

VoLTEとは、LTE網を利用して高音質通話ができる端末のことで、従来の通話よりもさらに高音域に対応したクリアな通話が可能です。auは2014年冬モデルからVoLTE対応の端末を販売しているため、2014年以降にauで購入したAndroid端末の場合はVoLTE対応端末である可能性があります。

そして、このVoLTE対応の端末を利用していることの何が問題なのかというと、例えSIMロックを解除できる端末であったとしても通常のSIMカードを挿しても利用することができずVoLTE対応のSIMカードを選択しなければなりません。さらに、VoLTE対応のSIMカードを提供しているMVNOは現状「mineo」「UQモバイル」の2社のみです。もしVoLTE対応端末なのに通常のnano sim等を契約してしまった場合、VoLTEの通話が利用出来ないだけでなく、そもそもインターネットに接続することが出来ないのでご注意下さい。

2017春モデルVoLTE対応端末

AQUOS SERIE mini SHV38
rafre KYV40
miraie f
TORQUE X01

2016冬モデルVoLTE対応端末

AQUOS U SHV37
URBANO V03
Xperia™ XZ SOV34
isai Beat LGV34

2016夏モデルVoLTE対応端末

かんたんケータイ KYF32
BASIO2
Qua phone PX
Galaxy S7 edge SCV33
Xperia™ X Performance SOV33
HTC 10 HTV32
AQUOS SERIE SHV34
AQUOS U SHV35
AQUOS K SHF33

2016春モデルVoLTE対応端末

AQUOS SERIE mini SHV33
Qua phone
GRATINA 4G KYF31

2015冬モデルVoLTE対応端末

Galaxy A8 SCV32
DIGNO® rafre KYV36
Xperia™ Z5 SOV32

2015夏モデルVoLTE対応端末

Galaxy S6 edge SCV31
Xperia™ Z4 SOV31
AQUOS SERIE SHV32
isai vivid LGV32
HTC J butterfly HTV31TORQUE G02
URBANO V02
AQUOS K SHF32

2015春モデルVoLTE対応端末

INFOBAR A03
AQUOS SERIE mini SHV31
BASIO

2014冬モデルVoLTE対応端末

isai VL LGV31
URBANO V01

auのスマホで格安SIMが利用できるパターン

SIMロック解除が出来るiPhone × au系MVNO
SIMロック解除が出来ないiPhone × mineo/UQモバイル
SIMロック解除が出来ないAndroid(LTE対応) × au系MVNO
SIMロック解除が出来るAndroid(VoLTE対応/LTE対応) × ドコモ系およびau系MVNO

auのスマホで格安SIMが利用出来ないパターン

SIMロック解除が出来ないAndroid(VoLTE対応)と全MVNO
SIMロック解除が出来ないiPhoneとmineo/UQモバイル以外のMVNO

おすすめのMVNO

「MVNOの選び方」の項目でもすでに説明した通り、auで購入したスマホを利用する場合には多くの人が「mineo」と「UQモバイル」が主な選択肢になってきます。それではmineoとUQモバイル、どちらを選択すればいいのでしょうか。

UQモバイル

月額料金 データ容量 無料通話
(ぴったりプラン)
無料通話
(おしゃべりプラン)
プランS 1,980円
(14か月目以降は2,980円)
2GB
(26か月目以降は1GB)
最大60分/月
(26か月目以降は30分/月)
1回5分以内の国内通話が何度でも無料
プランM 2,980円
(14か月目以降は3,980円)
6GB
(26か月目以降は3GB)
最大120分/月
(26か月目以降は60分/月)
プランL 4,980円
(14か月目以降は5,980円)
14GB
(26か月目以降は7GB)
最大180分/月
(26か月目以降は90分/月)

回線速度は速い方がいい」と考える人はUQモバイルがオススメです。

MVNOは自社で回線を持たず、ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアいずれかから回線を借りてユーザーにデータ通信を提供しております。その為、MVNOは自社の裁量で通信を制御することが出来ないため、キャリアからMVNOの格安SIMに乗り換えるとほとんどの場合は回線速度が低下してしまいます。

しかし、格安SIMの中でもY!mobileとUQモバイルに関しては例外です。Y!mobileはソフトバンクのサブブランド、UQモバイルはauのサブブランドであるため、ある程度自社で通信の制御が出来るため回線速度が安定しているのです。
その為、料金は他の格安SIMより高くなっても構わないから、とにかく回線速度は早い方が良い、という人はUQモバイルをオススメします。

mineo

タイプ シングルタイプ
(データ通信のみ)
デュアルタイプ
(データ通信+090音声通話)
初期費用 契約事務手数料:3,000円
月額基本料金 500MB 700円 1310円
1GB 800円 1410円
3GB 900円 1510円
5GB 1580円 2190円
10GB 2520円 3130円
090音声通話 - 国内通話料:20円/30秒
050音声通話 050IP通話アプリ「LaLaCall(ララコール)月額基本料金100円、無料通話100円分付き
SMS月額基本料金 無料 無料

とにかく料金を抑えたい」と考える人は間違いなくmineoがオススメです。

UQモバイルとmineoの料金表を見て頂ければ一目瞭然ですが、mineoはデータ容量のバリエーションが豊富で、500MB~10GBまで自分の使用量に応じて適切なデータ容量が選択出来ます。さらに、音声通話だけでなくデータ専用SIMもあるため、電話をほとんど使用しない人は1,000円以下でスマホが利用出来てしまいます。

mineoはMVNOの中では比較的回線速度が安定している方ですが、少なくともY!mobileとUQモバイルよりは劣ってしまいます。しかし、UQモバイルは料金のバリエーションが少ないので、料金面で言えば確実にmineoに軍配があります。

とにかく料金を抑えたいという人にはmineoがオススメです。

おわりに

カクハシ
今回格安SIMに乗り換える場合のデメリットも一緒にあげたけど、これらのデメリットを見ても「そんなデメリットでもないな」と思った人は、逆に言えばauを使い続けるメリットは一切ないからね!ただ無駄に高い金額を支払っている状態だからすぐに乗り換えることをオススメするよ!

ヤスインコ
よし・・・格安SIMに切り替えよう!

SIMnyがおすすめするMVNO

UQモバイル

無料通話+ネットで1,980円/月~
格安SIMアワード2015・2016通信速度部門第1位
iPhoneを取り扱う数少ないMVNO
Wi-Fiスポットが利用できる数少ないMVNO(全国約60,000箇所)
実店舗を展開する数少ないMVNO(全国2,700店舗以上)

LINEモバイル

月額500円から利用可能
格安SIMトップクラスの回線速度
当サイト実測平均値:くだり43.27Mbps/のぼり24.11Mbps
全てのプランでLINEが使い放題
Twitter、Facebook、Instagramも使い放題に
クレジットカードなしで契約可能

mineo(マイネオ)

mineo
ドコモとau、2つのキャリアのスマホが利用可能
auのiPhone6/5S/5C/5も利用可能
ネット上のmineo利用者とパケットがシェア出来る
安定した回線速度
30分/60分の通話定額が選べる

おすすめ記事

-au
-, , , , ,

Copyright© 格安スマホ比較のSIMny(シムニー) , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.